わたせせいぞう -SEIZO STATION-
SEIZO WATASE
last update 2019/07/16 18:46
 HOME   ★ わたせ せいぞう プライベートブログ ★

COMMENTS

▼コメント投稿はこちら▼
コメント待ってます

コンテンツ

新着情報

リンク

カレンダー


RSS




 
HOME > 新着情報一覧

2018年に投稿していただいたコメント

名前:Hide.K - 2018/12/28 01:52
わたせ先生はじめまして。はじめてコメントを送らせてもらいます。 先日(12月26日)ついに、アップルファームに伺わせていただきました。ギャラリーの玄関を入って直ぐ、ポーチュガルが目に留まり、感動で身体が震えてきました。 そして、ギャラリー内に足を踏み込み、先生の作品ばかりが展示されている(当然ですが)室内の雰囲気に、感動で意識が薄れる想いに駆られました。 ギャラリーの女性に説明していただき、会話もさせていただいたのですが、とにかく心がフワフワして、ところどころ記憶があらません。 私、今年で53歳になりましたが、18歳でハートカクテルに出会い、男としてのお洒落な生き方を学び、少しでも実践したいと思いながら、人生を歩んできました。 つまり、ハートカクテルが私の人生のバイブルであり、わたせ先生が目標でした。 地元の京都をはじめ、何度か先生のサイン会にチャレンジしたのですが、いずれも参加がかなわずにいましたが、今回、仕事の関係でたまたま東京に行く機会を得たので、強引に時間を作り、ギャラリーにお邪魔することができ、夢が一つ叶いました。 近い将来、もひとつの夢、というか、最終目標である、わたせ先生にお会いして、できれば、私の宝物であるハートカクテルにサインしていただければ、人生に思い残すことはありません。 未だに興奮が冷めやらず、言葉の整理ができていないので、わけのわからない文章になってしまい申し訳ありません。 落ち着いたら、もう少しましなコメントを送らせていただきます。 最後になりましたが、わたせ先生、スタッフの皆様、これからも、お身体に留意していただき、夢のあるお洒落な世界観を発信し続けてください。お願いします。


名前:nagano-apple - 2018/12/26 20:30
わたせ先生、こんばんは。 今後も楽しい企画を考えておられるとのこと、期待させていた頂きます。 ご質問を頂いた「リンゴの木を薪にした時の香り」ですが、近隣でリンゴの木の薪を薪ストーブに使っている方のお宅を訪問した時の印象では、リンゴの実の甘い香りというより、ほのかな優しい香りを感じ、癒されるような気がしています。 炭の香りかもしれませんが.. 私自身も、春になると伸び過ぎた枝を伐採する作業をしますので、注意してみたいと思います。 お答えになっていますでしょうか。 よろしくお願いします。


名前:Kazuko - 2018/12/25 15:41
わたせせいぞうさま メリークリスマス!23日に大盛況の八重洲ブックセンターにてイヴイヴプレゼントをいただきました。 長い長いサイン会の列もわたせファンならではの品格を感じる大人らしい対応で、ちょっと誇らしい。時間がかかるのは、先生がひとりひとりのファンを大切に応対するからこそで、これが解る人しか待っていないに違いない、と勝手に思っています。そこがまた先生の魅力です。待ち続けた後の、言葉と握手を交わせたことが何よりの自分ご褒美。スタッフの皆さんも頑張っていらっしゃいましたね、お疲れ様でした。朗読会も俳優さん方の演技あってのあの雰囲気。世界に浸りました。所感はまた別途送らせていただきます。 では、素敵なクリスマスナイトをお過ごしくださいませ。


名前:nagano-apple - 2018/12/23 20:25
わたせ先生、こんばんは。 今日の八重洲ブックセンタのイベントに参加させて頂きました。 先生の「全てのイラストにストーリーが有る」とのお話をお聞きし、作品への想いがより強まった気がしました。また、ハートカクテル朗読会、とても良かったです。俳優の方の生の声と松岡直也さんをはじめとしたハートカクテルシリーズの楽曲を聴きながら、作品を見ることが出来るなんて、とても贅沢なひと時でした。また、自分自身がモーニングで読んでいた若かりし頃を思い出して、少しウルっと来てしまいした。貴重な機会をありがとうございました。 今年も素敵な作品の数数をありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスと佳いお年をお迎え下さい。来年もどうぞよろしくお願いします。


名前:tamiyo - 2018/12/11 23:14
わたせ先生こんばんは。サンデー毎日の対談記事、拝読いたしました。先生のおっしゃる「美しい漫画、そして甘酸っぱい思い出を描くのが好きなんです。」の部分。 私が、先生のイラストに惹かれるのは、その部分なんだと、改めて自覚しました。 そんなことを思っていたら、そうだ、そうだクリスマスのイラスト「In the mood for Love」を飾らなきゃ・・と思いたちました。この絵を購入したのは、もう随分前だったったけど、いつだっけ・・と思いながら箱を開けると、その時、先生に書いていただいた色紙に、2006年12月11日の文字。 12年も前のことでした。 初めて購入した先生の絵、自分への誕生日プレゼントとして、買いましたと、サインを書いていただいた時に伝えたら、先生は、日にちが実は少し過ぎていたけれど、私の誕生日、12月11日と日付を入れて書いてくださったんです。 そして、12年後の今日12月11日に、先生にそのことを伝えたくなり、コメントを書いています。 ここ数年、サイン会に行けなかったけど、23日に行けたら行きたいと思っています。 これからも、ずっと先生のイラストを楽しみに、そしてハートをドキドキさせながら見ていきますね。


名前:おおえ さき - 2018/11/26 13:12
わたせ先生、こんにちは。 いま26歳の私がわたせさんの作品を好きになったのは、わたしが大学4年のころでした。 なんだか懐かしい気持ちがして思い出したのですが、父もわたせさんの作品のファンで、幼少期から目にふれていたからかもしれません。 父も、私と同じぐらいの歳のころにハートカクテルに出会ったそうです。 いまは親子で楽しませて頂いています。 わたしは京都を拠点にイラストレーターとして活動しているのですが、もっとたくさんの人に作品を見てもらう期間を作ろう!と思い、数ヶ月ほど東京に出てきていて、出版社を巡ったりなどしています。 すぐに何かを形にするのはなかなか難しいけれど、いつかわたせさんのような温かい世界観を表現できるイラストレーターになって、いろんな人の心にふれる作品を残していきたいと思います。 東京のほうでは頻繁にイベントなどされているようなので、いつかお目にかかれたらいいなと思います。 そしていつか、わたせ先生にも私の作品を見て頂けたらいいなと思います。 これからも応援させて頂きます。


名前:ちはる - 2018/11/12 11:50
わたせ先生、はじめまして。コメント投稿させていただきます。 昨年『ハートカクテル』にであってから、ルパン三世の世界など、概念としての大人、への憧憬を思春期からもっていたわたしは、また新しい素敵な大人が描かれている作品をみつけてしまったな、といたく感動しました。 それから、わたせ先生のことを調べるようになり(言葉選びがうまくできず申し訳ございません)お写真の表情や、インタビューでこたえられている言葉などを拝見し、愛を描ける人間に自分自身がなることが大事なのだなぁと思いました。「出会った絵にしたい構図や色をそのままに写真を撮る」「心が動く瞬間を大切にする」などお言葉を自分なりに解釈して、生活に取り入れています。 『ハートカクテル』にであってから、ずっとなあなあにしてきたイラストを描くことに改めて向き合うようになりました。一年とすこしになりますが、日々、自分なりの「愛」について考え、思いついたことを書き留め、詩や表情にして、オリジナルキャラクターの男の子たちを通して表現しています。色塗りにも挑戦していないし、そもそも人体がうまく描けない…などモヤモヤを手を動かしてひとつづつ解決していくような日々です。情けないですが、まだ気持ちだけが勝ってしまっている状態にあります。 わたせ先生の作品は、20代半ばをすぎて、いろいろと冷め気味だった25歳のわたしに、本当に大切にしているものを表現していくこと、に対して情熱をもって取り組むきっかけをくださいました。これからも日々、たくさんのグッと心掴まれる瞬間にであって、また、わたせ先生のように、そういう瞬間をくれる結晶を自分なりに描いていきたいです。 ちょっと胸やけするような熱量をこめてしまい申し訳ございません。言葉もうまく選べていません。ここまで、長文を読んでくださりありがとうございます。これからも、ご活躍を願っております。『ワンダーカクテル』の更新、楽しみにしております。 わたせ先生、成人してから改めて夢をみるきっかけをくださって、本当にありがとうございます。


名前:Kazuko - 2018/10/26 15:05
コメントのレスで25日予定と教えて下さったので朝にTSUTAYAへ電話で車両展示を確認し準備万端の後のアクシデントで足止め。 1日限りの展示ですので諦めざるを得ませんでした。今回はUPされたお写真で我慢します。ミドリさん?のリアビューも拝見したかったです。 次回のチャンスを夢見て、前向きに!歩きます。


名前:ばせを - 2018/10/15 01:00
念願の「あの頃ボクらは若かった」を手にすることができ、懐かしさもありますが、これは四季折々の「歳時記」ではないかと感じました。私のペンネームも松尾芭蕉から拝借しています。 トークショーで触れていましたが、現在はSNS全盛。人と人とのつながりが薄くなった印象もあります。若い人には今の時代に合ったフルカラーを楽しんでほしいと思います。これからも先生による現代の歳時記も楽しみにしています。 「人生は旅」を感じた今回の本が世代、時代を超えて楽しまれる本になってほしいと思います。今回も「2/15日生まれの妻」とともに楽しませていただきました。


名前:nagano-apple - 2018/10/13 15:16
わたせ先生、こんにちは。 代官山でのトークショーとサイン会に参加させて頂きました。 トークショーでは、先生のお好きな車のタイプやお酒の種類など、興味深くお話をお聞きすることが出来ました。長野から頑張って行って良かったです(笑)。 サイン会でも、丁寧なサインを頂戴し感激しました。これで、また日々の生活を頑張れそうです。 ありがとうございました。 秋も本番になり、朝晩はすっかり涼しくなりました。先生もどうかお体ご自愛ください。 これからもずっと応援させて頂きます。


名前:Kazuko - 2018/10/12 18:05
わたせせいぞうさま。初投稿いたします。ハートカクテルに出会ってから33年間、温めていた想いが代官山でようやく叶いました。先生が目の前でお話しされていること、私の書庫に保管してある中で一番の長老、その1冊が産みの親の手でページを繰られ、サインを纏えたこと、いつも絵筆を持つ繊細な魔法の手であれほど力強く握手していただいたこと。記念日になりました、ありがとうございます。ひとつ残念なことはトライアンフに乗り込む先生を拝見できなかった事。私はわたせ作品と同じくらい車も愛しています。先日モーニングクルーズに参加し、我が家の愛車も撮影掲載していただきましたが、その時のイメージでサイン会の当日は先生の愛車の展示あり?と密かに思っておりましたので本当に残念。次回どこかでクラシックカー談義をもっと伺えたら、そしていつか愛車達を並べられたら・・・長年の夢が叶った後は欲張って次の夢を叶えられるよう過ごします。お身体にお気をつけてさらなる作品を生み出して下さい。私もこつこつ入手した作品たちは大切にしてまいります。また近々アップルファームに立ち寄らせていただきます。


名前:m-akiyo-a - 2018/09/17 23:03
わたせ先生にサイン会にてお会い出来ました。 再度イクスピアリにてお会い出来てとても嬉しく思います。美しい景色を切り取ったような、新作も素敵でした。 お写真もご一緒に撮っていただきありがとうございました。 マグネットもイラストの種類が増えていくことが楽しみです。 優しくて素敵な作品に心が豊かになります。 来年もまた、カレンダーをめくる楽しみが出来ました。 再びサイン会にてお会い出来る日を!また新作を目にする日を心待ちにしております。


名前:マイム - 2018/09/16 22:45
博多大丸の展覧会に行きました。 濱田金吾さんのLPを見つけて懐かしい気持ちになりました。当時はあまり話題にはならなかったようですが、ハートカクテルの世界がとても良く表現されていたと思います。


名前:しなもん - 2018/09/09 19:02
はじめまして。知人からの勧めで、わたせ先生の本を手にとりました。昭和の時代に憧れた、平成生まれの25歳です。どうして今まで知らなかったんだろうと後悔するほど、ハートカクテルには魅了されました。これらの素敵なストーリーはどのようにして浮かんでくるのですか?経験からですか?笑 読んでいると、本の中で繰り広げられている世界に引き込まれて切なくなったり、嬉しくなったり...。大人の恋ってどんなもの?と疑問に思う若い世代に、もっともっと知ってもらいたい漫画です。こんな大人になりたい!こんな世界に生きていたい!生き方のバイブルとして、もっとじっくり読ませていただこうと思っています。こんなに素敵な漫画を描く方がいることを嬉しく思います。福岡で展示会があることを知り、今すぐ飛んで行きたい気持ちでいっぱいですが、遠方...スケジュールが合わず今回は見送ることになりそうです。どこかのタイミングで、作品展等に行けるといいなぁ。是非、四国にもお越しください!


名前:森田親良 - 2018/09/08 18:49
どうも、コメントを読んで頂きありがとうございました。 今日、大丸の展示会に行って来ました。 わたせさんが御来場予定という事でしたが、 用事がありましたので、会場を後にしました。(;_;) 販売ブースで、カレンダーの黄色いベスパ見ました。 素晴らしかったです。 次回の風の中のベスパ楽しみにしております。 また、何れ暇を見つけてバイクの写真を 送らせていただきます。


名前:森田親良 - 2018/08/30 23:01
はじめまして、バイク好きのミドルエージです。 私は、高校在学中から早30数年バイクを一度も降りた事は無くずっと乗り続けています。 そんな自分が、社会人になった頃にハートカクテルの連載が始まりました。 当時には珍しいフルカラーでオシャレな漫画だなぁと毎週読むのが楽しみでした。 特にバイクが登場するストーリーは大好きで何度も読み、いや眺め直していました。 そして今、正にかつてハートカクテルに良く登場していたモトグッチルマン?とヴェスパET3プリマベーラを所有し、 毎週の様に乗っています。 色は、ハートカクテルとは違い前者が白で後者は緑ですが。 若い頃は、味のあるバイクが分からず色々乗り飽きては次のバイクと乗り継いできました。 そうして辿り着いたのが、この名車達です。 何故か乗るとハートカクテルのあらゆるジーンが蘇る気がします。 最近はバイクが絡む様なシーンはお見受けしませんが、また気が向いたらポスターでも良いので描いていただけたらナァと思います。 これからも素晴らしい作品を楽しみにしています。


名前:ミユ - 2018/07/25 22:09
はじめまして。今回初めて作品を読ませていただきました。すぐに引き込まれました。一年と少し前、尊敬をしている方に先生のイラストのポストカードをいただきました。その方は先生の描かれる絵が好きだと言っていました。物語に出てくる女性に私の雰囲気が似ていると言ってくれたのを忘れられず、パソコンで検索していたのがきっかけで「ワンダーカクテル」に出会いました。ストーリーが長くはないのにどうしてこんなに感じ入ってしまうのか不思議です。素敵な絵とストーリー。ほかの作品も拝見したいと思いました。 毎日暑い日が続きますがお身体ご自愛くださいませ。


名前:shiho - 2018/05/10 11:55
わたせ先生、はじめまして。 私は、今から約30年前、13才の時、ハートカクテルと出会いました。 ハートカクテルを読んだときの、大人の世界への、恋愛への憧れやときめきを抱いた事、30年たった今でも忘れられません。 わたせ先生の描く主人公のライフスタイルがとても素敵なので、色々と影響を受けて、真似していましたよ。 はじめて一人でカフェに行ったのもハートカクテルの影響です。 素敵な大人になりたい、と大人への階段をハートカクテルで教わったような気がします。 もちろん、大人になった今でも私のバイブルで、何度読み返し分からないほどです。 いつか先生のライフスタイル本のようなものを出して頂けないかなぁ、なんて勝手に思ったりしています。 これからも、ずっと先生のたくさんの素敵な作品のファンです。 影ながら応援しています。


名前:なおこ - 2018/05/09 16:38
わたせ先生、こんにちは。就活中のため履歴書を書く事に追われ、連日眠れない日々が続いていた私でした。“今日も、また朝だ。”と思っていた矢先に突然のプレゼントが届きました。わたせ先生、私のラブレターを読んで下さり、そして素敵な作品をありがとうございました。「アップルファーム」という名前を見た瞬間に、涙が止まりませんでした。本当に本当に精神的に不安定な毎日でしたので、とっても嬉しい涙と共に“まだまだ頑張れるぞ、私。”と思えました。21歳の私にわたせ先生と先生の作品に出会えたことに感謝致します。就活が終わりましたら、次は母とアートギャラリーに訪れようと思います。そして、サイン会などでいつか先生にお目にかかれる事を楽しみにしています。大阪、関西にぜひ来てくださーい♪


名前:タカギ - 2018/05/07 10:55
白髪混じりのジェシィに会えた事が、こんなに嬉しいなんて。改めて、35年という歳月の流れを実感しますね。 変わらず、優しい世界をありがとうございます。


名前:おおた - 2018/04/30 23:52
おかしいな・・・涙が出てくるんですよ。 キラキラと眩しく透明感あふれる世界。将来はそんな大人になるんだと目標にし憧れた。作品の格好良さだけしか感じなかったはずの中学生時代、30年も前の子供の私が。 本日は偶然にも、石巻で拝見して参りました。絵には懐かしさ、文字には心を打たれ、抑えられずに目頭が熱くなりました。思い出した今もまた・・・。 展覧会、事前に知っていたらコットンリネンのシャツで出かけていたのに。コットンリネンの意味すら知らず、上っ面の事しか捉えられなかった 昔の自分の心も着替える意味でも。 当方、投稿お初です。本日のあまりの感激に投稿させて頂きました。 そして、日和山すばらしい。


名前:トオル - 2018/04/03 13:00
わたせせいぞう様 はじめてコメントさせて頂きます。 本日、私の勤める会社宛に石ノ森萬画館からわたせ様のイベントの案内が届きました。 私は今年で44歳になりますが「ハートカクテル」には中学生の頃に出会いました。 優しさとユーモアに溢れた作品にすぐに心を奪われたのを覚えています。 私は震災の直前に結婚して今は仙台に住んでいます。 津波により石巻の実家に置いていた「ハートカクテル」は家財ごと紛失してしまいましたが今も折に触れ読み返していた当時を思い出します。 この度は作品の展示だけではなくわたせ先生も石巻にいらっしゃるとのこと。 なんとしても時間を作りお話を聞かせていただきに伺おうと思っています。 お気をつけてお越し下さい。 心よりお待ちしております。


名前:ゆう - 2018/04/01 00:00
わたせさん お元気ですか? はじめて出張で豊洲に行くことになり前日から 東京に行き25日に皇居の桜を愛でた後に 夕方から一人でアップルファームにはじめて行きました。 12才からファン歴30年にしてやっとです。 正面はハートカクテルの雰囲気ですね。(^o^)/ 色んなグッズがあり買いたい物ばかりでした。 一人で一時間も色々見たり聞いたり話し込んでしまいました。(入社8年目の男性と) 大阪も桜が満開で今日は満月で綺麗でした。 マンションでは明日の朝から町内会の花見です。 職場の神戸(六甲アイランド)も桜が満開です。 桜をみるとハートカクテルを何時も思い出します。 桜さんに心の中で『綺麗ね』とか『今年も有り難う』と言うとマンションの真下の桜は必ず返事をしてくれて風でゆれてくれます。 明日から4月、まだまだ桜を楽しめると思います。 散歩がてら桜を愛でて下さいね^_^)/▼☆▼\(^_^)


名前:カルヴァドス - 2018/03/16 23:08
わたせ先生、はじめまして。明日のサイン会に参加させて頂きます。新作の「はじまりはホワイトデーだった〜」も購入でき当日サインをお願いいたします。先生の描かれている素敵な女性・・・。それはこの絵をプレゼントする女性のことかもしれません。その女性といつまでも描かれているような素敵な関係でいたい。そんな思いを込めて明日お伺いします。


名前:Keiko - 2018/02/20 10:51
はじめまして。亡き夫の書斎から、懐かしい「ハートカクテル」を見つけ、34年前、出会って間もない私たちは、わたせ先生の愛読者だったことを懐かしく想っておりましたら、3月の展示会を知りました。私たちは、ちょうどホワイトデーの頃に出会ったことも、3月の展示会を後押ししてくれている、夫からのシグナルのように思います。当日はアムステルダムから向かいます。夫との想い出は、わたせ先生の作品と重なって、今も、とても幸せな思いです。ありがとうございます。楽しみにしております。


名前:ばせを - 2018/02/15 23:02
今年も忘れられない日がやってきました。夫婦元気で相手の誕生日を迎えられることに幸せを感じます。任地で手にする先生のストーリーとともに、先生にいただいた「人生は旅」が心の拠り所です。最近楽しみにしている「わろてんか」の主人公や高橋一生演じる役柄に先生の作品をシンクロさせています。ドラマの世界、現実の世界どちらも楽しんでいきたいと思う2月15日です。


名前:のりこ - 2018/02/15 21:51
わたせ先生、お誕生日おめでとうございます。 今年の新作、イベント楽しみに、しています。


名前:あき - 2018/02/15 09:20
お誕生日おめでとうございます! この間はサイン会にてお会い出来て、本当に嬉しいひとときでした。一年間、カレンダーをめくるのが楽しみです。 雑誌ぴあを書店で購入し表紙イラストを眺めて幸せ気分。 サイン会の時に購入したバックも桜が咲いてて、ひと足お先に春を感じられ、イラストの二人と一緒にお出かけしてる感じです。 お体を大切に素敵なbirthdayをお過ごしください。


名前:タカギ - 2018/02/15 08:39
一年に一日だけの日ですから。ご本人よりも周囲の方が嬉しくて喜んでいるようで恐縮ですが。 お誕生日おめでとうございます。 周年が重なり、新作も準備されていらっしゃるとのことで、ご多忙のことと存じます。くれぐれもご自愛ください。先生の創り出す新しい世界を楽しみにお待ちしてます。良い一年をお過ごしください!


名前:でこ - 2018/02/08 19:10
わたせ先生はじめまして。 コメントは初めてになりますが、30年前のハートカクテルの頃から大ファンです。 先生の妹さんの事を読んで、居ても立ってもいられなくなり、コメントを書かせていただいています。 とても悲しく苦しい思いをされていたのですね。 私も15年ほど前に大好きな大好きな兄を亡くしました。 その時に私の人生の半分以上は終わってしまった、と思いました。 何年経っても悲しみは消えませんが、今は、いつか天国で再会したら兄に思いっきり誉めてもらいたいと思いながら毎日を生きています。 先生の妹さんもきっといつも先生のことを見ながら 再会を楽しみにしていると思います。 勝手な事をいろいろと書いてしまい、また、長文失礼いたしました。 これからもずっとずっと応援しています。 ずっとずっとファンでいます。


名前:りな - 2018/02/08 13:06
連日の投稿になります。妹さんのこと、先生が悲しい気持ちになっていることを知らずコメントしてしまい申し訳ありませんでした。 私の母は、がんになって四年になります。もちろん、治療は長く苦しいものです。母自身も、私たち家族も「どうして母ががんにならなくちゃいけないの?」と人間ですから、そう思ってしまいます。しかし、共に闘っていく中で、がんになったことで家族一丸となり、今まで気づけなかったことや大切なことをたくさん母に教えてもらいました。そして「母はきっと、使命を持ってがんになったんだ」と強く思えるようになりました。母は今、同じ病気と闘っている人を励ましたい、誰かのために動いていきたいと話しています。 妹さんはきっと家族のために、自分の役目、使命を果たして旅立っていかれたのだと思います。この世に起こることすべてに意味があります。意味のないことなど一つもありません。 わたせ先生、強く生きるということは精一杯生きることです。妹さんもそれを願っているはずです!これからも先生が多くの絵を描いていけるよう、常に祈っています。


名前:りな - 2018/02/07 21:35
わたせ先生、こんにちは。以前にもコメントを投稿させて頂きました。大学3年生で就職活動の真っ最中なのですが、すぐ紙とペンを握っては、現実逃避するために絵を描いてしまいます(笑)そして先生のイラストを眺めます。最近の世の中、気になるものがあればインターネットで検索をし、簡単にその場で目にすることが出来ますよね。人の顔なんかも、すぐに。それで「ああ、この人はこういう顔をしていて、こういう声で・・・」なんて具合に知ってしまえる。私は、先生のイラストを見ていて「人間は直接会ってなんぼだなぁ」と思いました。直接、目と目を合わせて、同じ空気を吸いながら、その空間に共に存在している事実を噛み締めていたい。恋愛も同じで、直接会わないと「好き」って伝わりません。だから、先生の描く世界が羨ましくて・・・登場する人物たちが、人間は楽しくて面白い生き物なんだから、人間同士いっしょにいないなんて勿体ないぞ!と言っているように思えます(勝手な見解すみません)。私も好きな人と見つめ合いたい!微笑み合いたい!(笑)でも、羨ましかったり憧れたり、理想を見つけたりすることって大事だなぁと思います。自分で言うのもなんですが、そう思えることが出来ている自分がいる!というだけで安心します。これからも先生のイラストを眺めて、次はこんな風に生きようだとか考えながら、ウキウキわくわくしようと思います。 P.S. もうすぐバレンタインデー。自分は誰にもあげないくせに、チョコを渡す女子が減っているということにショックを受ける今日この頃・・・


名前:ちゃこ - 2018/01/23 13:49
わたせ先生こんにちは。いつも先生の絵が大好きです。昨年、菜を読みました。とても心温まるストーリーでした。私は結婚して1年ほどになります。菜のように心強く優しい妻でありたいと思いました。今は妊娠中で八重洲には行けなかったので、無事に出産をしたら子供をつれて作品を見に行きたいと思います。寒い毎日ですので、身体を大切にしてください。

その他投稿コメント(2018年以前)はこちらから>>

Wonder Cocktail ワンダーカクテル vol.16

Wonder Cocktail ワンダーカクテル vol.16
わたせせいぞう・ワンダーカクテル | Wonder Cocktail
vol.16 H氏の冒険「南の島のモナリザ」

円熟味を増した紳士と淑女が織り成す人生の機微を、リアルなファッションや名品の数々と共に描き出す、完全新作コミック「Wonder Cocktail ワンダーカクテル」。
世代を超えた、もうひとつのPreciousライフなストーリー。少し大人な、そして見る人が色々想像して楽しめる作品です。

⇒ MEN’S Precious Web(7月6日より)
⇒ ビッグコミックBROS.(8月6日より)

その他ワンダーカクテルはこちらから>>

ニッポン放送のラジオ番組『Love YOKOHAMA』

ニッポン放送のラジオ番組
伊藤裕子さんの 『Love YOKOHAMA』という番組の収録をしました。

<オンエア予定>
7/20(土) 17:30〜17:50
7/27(土) 17:30〜17:50

ぜひ聴いてください!

わたせせいぞう

その他せいぞうNEWS 2019はこちらから>>

トップページに戻る

このサイトは「 わたせ せいぞうのプライベートブログ」 です。


【お願い】
ご投稿いただいたコメントは、コメントモード使用の為すぐには反映されません。
ご投稿いただいたコメントは悪戯等でなければSEIZO STATIONに掲載させていただきます。
恐れ入りますが、掲載されたくない場合は、その旨投稿コメントにてお知らせください。
その際、投稿していただいたコメントは、わたせせいぞうにのみ見せます。
ご了承いただきますようお願い申し上げます。

このブログに掲載のイラスト,写真,文章の無断複写及び転載を禁じます。

Copyright (C) SEIZO WATASE.

Produced by 1 works

 

PICK UP

イベント情報
主なイベント情報は公式サイトでご確認ください ⇒【APPLE FARM】
Wonder Cocktail ワンダーカクテル
MEN’S Precious Web、ビッグコミックBROS.で連載中!
LINEサービス
スタンプ・着せかえ販売中
スマートフォン・サイト「わたせせいぞう」
スマホならではの壁紙画像・読み物など楽しめます!
インスタグラム
@seizo.watase